« 【蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-】第10話 海外の反応「俺はなんで泣いているんだ!?これは戦艦と潜水艦のアニメじゃないのか?」 | トップページ | 【革命機ヴァルヴレイヴ2nd】第22話 海外の反応「三期がなきゃポンコツ最終回になる。」 »

2013年12月16日 (月)

【サムライフラメンコ】第10話 海外の反応「ヒーローであることを諦めないで欲しい。」

サムライフラメンコ 羽佐間正義(はざままさよし)

やっと気持ちが今の世界観に追いついてきて今回は楽しんで見られました。
ちょっと気持ちの置き所を模索するのに時間が掛かりすぎました(笑)

サムライフラメンコ 第10話 「決戦!敵の基地」の海外の反応です。

翻訳元:http://myanimelist.net/




エンディングのコンサートは興味を引かれたわ。

真野まり(まや)

(アメリカ・女性)



ハードにしようとしすぎてないか。

(ドイツ・男性)



まりは精神的、肉体的に壊れようだ。
なぜ最後まで歌い切ろうとしているのか不思議だ。

真野まり(まや)

(男性)



凄く刺激的だった。

キング・トーチャーが腕を切り落とすのは予想外だったし、
その腕を再びサムライフラメンコが切り落とし、さらに突き刺す。

みんなが生き残ったのが嬉しいし、まり以外はすべてが丸く収まったみたい。
けど、萌の命を賭ける行動には尊敬の念を抱くようなところがあって、
キング・トーチャーは面白いキャラクターだったわ。

キング・トーチャー、森田萌(もりたもえ)

悪の組織の準備をしていながら、サムライフラメンコの登場まで何もしなかったところは
ちょっと考えさせられた。
正義にインスパイアされたのはまりだけでなく、キング・トーチャーもまた同じなのかもね。

(女性)


  -
  そう、そして突き刺された後に起き上がって、胸に大穴を開けたまま一本の腕でまたフラメンコと戦う。
  アクションはきつそうだったけど、実はそこも好きなんだ(笑)
  フラメンコと後藤のチームワークで窮地を脱したのも良かった。男同士の堅い友情が。

  羽佐間正義(はざままさよし)後藤英徳(ごとうひでのり)

  (アメリカ・男性)



ワオ、これはどんどん酷くなってくな。

(イタリア・男性)


  -
  ほとんどこれ。
  ガリレイドンナには飛ぶ魚と魔力があるが、これよりは現実的だ。
  キング・トーチャーは面白い付け足しだった。
  彼はおそらく戻ってくるだろうね(実際にそれを見てみたいし)。

  キング・トーチャー

  一方で彼らはまりの現在の状態にどう対処するのかと疑問に思ってるんだ。
  これは非常に興味深いものになる可能性があるから、彼らは彼女のことを忘れないでほしいね。

  (ポーランド・男性)


    -
    >ガリレイドンナには飛ぶ魚と魔力があるが、これよりは現実的だ。

    ノイタミナのご冥福をお祈りします。

    実はキング・トーチャーがkaiju (怪獣)を見せてくれることに期待していたんだ。

    (ドイツ・男性)



これはどんどん良くなってくな。


  -
  これ。
  スーパーヒーロー/超悪玉ものとして個性的だし、本当に新鮮だ。
  ギロチンゴリラのカーブボールで「騙された」感じがおかしかった。



キング・トーチャーを呪ってやる。まりがかわいそうだ。屍になってしまった。

真野まり(まや) 三澤瑞希(みさわみずき)森田萌(もりたもえ)

(アメリカ・男性)



かなり素晴らしかった。今後どうなるか予想が付かないね。

(ニュージーランド・男性)



これは本当に面白かった。
どう言ったらいいか分からないが、どうも不思議なエピソードに感じたんだよね。

最後のコンサートシーンに動揺してしまったのは俺だけなんだろうか。
破けたスーツを着て負傷した状態で泣き、誰もが「彼女に何が起こったのか?」という風に見つめる…

来週が待ちきれないよ(笑)

(男性)



キング・トーチャーがフラメンコサファイアを自由にし、彼女がまやを抱いたとき、
それまでキング・トーチャーのペンチで苦しんでいた彼女の指が、次のショットでは
魔法のようにダメージが消えていたことに気が付いたのは俺だけらしい。

真野まり(まや)森田萌(もりたもえ)

(アメリカ・男性)


  -
  深く考えるなよ。アニメーションっていうのはかなり矛盾するものだ。

  たぶん、このエピソードの後、まりは腹立たしいビッチを卒業するだろう。
  彼女の性格が相当に酷かったことに対して、現実的なショーでどう考慮するのかは定かでないけど。

  (男性)



ノーマルな状態に戻りそうなのかな? それとも新たな展開が明らかになるんだろうか。
俺は血なまぐさいアクションに興味はないんだが…クソッ。

(スーダン・男性)



これは容易ならぬ事態なのかもしれない。
彼らはこのザラザラした現実的な線にしたいみたいだが、馬鹿で子供じみた戦隊パロディになっている。
物語が混乱した結果、容易ならぬ事態になっているのではないか。
彼らはもっと円滑な移行を行えたと思うが、これはくだらない脚本だ。
シリーズがねじれによるダーク・ストーリーによって、命のやり取りが素晴らしいと言わせたいなら
これはかなり酷い。


  -
  第一に円滑な移行を望んでいないことはかなり明白だったし、これは容易ならぬ事態でも
  混乱した物語でもない。すべては作者の予想通りなんだ。

  一部の視聴者はイライラしただろうか? 確かにしただろう。
  スタッフはそれを気にしただろうか? そんなことを気にするような連中がノイタミナを作ったりしない。

  そしてさらに凄くて、困惑するような展開がやってくるはずだ。
  ねじれはすぐそこに来ている。

  (クロアチア・男性)



彼らは脚本が捻じ曲がった中で最善を尽くしていると思う。
その結果をどう評価するかはまだ分からないけど、俺は楽しんでる。



胸にギロチンを持ったゴリラが最初に現れたとき、「いったい何がどうなったんだ」と
思ったのは俺だけではないだろう。
けど、エピソードが進行するにつれ、この展開を楽しんでいる自分に気が付いたんだ。
このエピソードはかなり面白かった。

サムライフラメンコ

いずれにせよ、これからショーをどうしようとしているのか知るのが楽しみだ。

(イギリス・男性)



言葉を失った。
あのエンディング、しかし…あれは感動的だと思った? 俺は…ちょっと面白かった。

(スウェーデン・男性)



監督に盛大に釣られたわ(笑)

(ドイツ・女性)



キング・トーチャーはのこぎりで自身の腕を切り落とした…それをのこぎりと入れ替えただけ…

キング・トーチャー

(メキシコ・男性)


  -
  そうしながら静かに話している姿がおかしかったよ(笑)
  それなのにサムライフラメンコがもう一度切ったときは"AAAAARRRRGGGHHHH!"と叫んでた。

  彼には簡単に修理するテクノロジーがあったからそうしたんだろうね。

  (アメリカ・男性)



このエピソードには失望した。
だけど、それは彼らがそう感じさせようとしているんだと思い始めている。

心が壊れた。

(アメリカ・男性)


  -
  あはは、同じく。

  (ブラジル・女性)



Oh nooooo King TOCHAAAAAAAAAAA.

フラメンコは最後に彼の正体を明らかにしたことで、もはやこれまでと同じではいられない。

羽佐間正義(はざままさよし)後藤英徳(ごとうひでのり)

内容もよかったと思う。俺はもうこれが終わるまでこのアニメを評価しないことにした。
すでにこの一話で10点満点を付ける必要があるように見えるし、ものすごく楽しんでるんだ。

(男性)



なんてこった。
このエピソードは最終回のようだったし、俺はそれでいいと思った。

実はキング・トーチャーが冷静で優しい奴なんじゃないかと思わずにはいられない。
萌の信念や正直さに対する対応とかね。
彼がまりの心を折ったのが嬉しいね。俺は最初からあいつが好きじゃなかったから。

真野まり(まや)森田萌(もりたもえ) 森田萌(もりたもえ)

(アメリカ・男性)


  -
  完全にあなたに同意するわ!

  (女性)


    -
    俺も。

    彼は結局「凶悪」だったのか、それともサムメンコにライバルを与えるだけの存在だったのか。
    俺はそこを本当に知りたい。
    拷問が残酷なのは間違いない。だが、実は彼は誰も殺していないんだ。
    彼のモラルは無傷のようだ。彼は明と萌を逃がし、まりさえ殺さなかった。
    悪と見なされるいくつかのことはやってきた。
    だが、それは彼が役割を演じようとしていたように感じるし、
    それは見えている以上にそうだった気がする。

    俺は実はまりが好きだったんだ…だから、彼女が人としてより強く成長し、
    ヒーローであることを諦めないで欲しい。

    彼女がステージで部分的に正体を晒したときはちょっと困惑したが、
    正義は完全に正体を晒した。思わず「なんてことしやがった」って思ったよ。

    (アメリカ・男性)


    -
    私は少なくともまりが好きよ。
    けど、トーチャーに関しては同意するわ。

    (アメリカ・女性)



ありきたりな内容だったけど、私はこのエピソードを本当に楽しんだわ。

(女性)



このショーがどこに向かっているのか理解しようとするのは止めたわ。
私は楽しかった。それが重要なことよ。

羽佐間正義(はざままさよし)後藤英徳(ごとうひでのり)

(女性)




最後の人のように悟りを開いた人たちが出てきました。
頭空っぽにした方が楽しめるアニメってことですかね。
私はまだその境地には達していませんが、今回は冒頭にも書いたように純粋に楽しめました。

サムライフラメンコ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2014-01-22)
売り上げランキング: 10,356
コウブツヤ サムライフラメンコ ポーチ
まさめや (2013-12-22)
売り上げランキング: 323,168

« 【蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-】第10話 海外の反応「俺はなんで泣いているんだ!?これは戦艦と潜水艦のアニメじゃないのか?」 | トップページ | 【革命機ヴァルヴレイヴ2nd】第22話 海外の反応「三期がなきゃポンコツ最終回になる。」 »

サムライフラメンコ」カテゴリの記事

コメント

ここまで派手な展開をしながら、あっさり区切ってマンネリ化させずに新章。
正義だけでなく、マリにも心の成長を促すきっかけが。
次章では新キャラも投入されるようだし、本当に野心的な作品だと思う。楽しみで仕方ない。

向こうの人たちはこの後に新キャラが4人追加されるのはまだ知らないのかな?
さらにモヤモヤを残したまま戦隊路線になるけど大丈夫なのだろうかw

キング・トーチャーはどうやって、あの超技術と基地を手に入れる事が出来たのか?謎だな。

夢オチたのむ

キングトーチャーのオーバーテクノロジーの謎が残ったな
今後どういう展開になるのか…
個人的にはマリが只の脇役じゃなくてしっかりと本筋に絡んで来そうなのでこれからも期待してます

今期継続して見ているのはこれだけだけど、楽しみで仕方なく見ているというより、
「おいこれどうすんだよこれから」ってな感じで見ているんだよなぁ。
2chの痛い板を覗いているような感覚とでもいうか…

トーチャーたちは超技術を手に入れただけで、狂信的ではあるが悪の組織オタクに過ぎない。
怪人たちはグレートキングトーチャーを生み出すことが目的で自爆していた。
自爆することが目的だから、今までの戦いもただの演出で意味はない。
わかりやすいヒーローであるサムライフラメンコをライバルとして認めたから負けてあげていただけで、サムライフラメンコに怪人を倒す力はない。
超技術の出どころは、まだ謎。
という理解なんだけどこれでいいのかな?

どんどん酷くなっていく

なんとなくだけど、茶番っぽい感じのダークナイト的なものを目指そうとしたってのは理解できる。
が、やり方が迂闊すぎるんだよなぁ。
ヒーローモノの「お約束」を物語の中で違和感として扱うわりにはご都合主義な点が目立ちすぎてる。
だから視聴者が混乱する。
その違和感が政策側の仕込みなのか、それともそういうもんだと納得して見る必要があるのかの判断が非常に難しい。

オレは面白いけどなwこのアニメ。
マリもなんであんな嫌われるのかわからない。昔からよくいるタイプのヒロインだし。
今回姿晒した訳だし来週から新たなキャラが出て来るわけだし新展開がマジ楽しみ

キングトーチャーって世界征服云々はあくまでも方便で本質的には正義と同じで
テレビのヒーロー物に出てくる悪の組織をやりたかっただけの一種の愉快犯的なものなんだろうな
だから関係ない人間は必要以上に傷をつけないし、ゴリラで警官殺したのは官憲にこの戦いには参加するなという一種の脅しのようなもんだと思う

2クール目はあの謎技術の出所がテーマになってくのかな

トーチャーの仮面の下は、イケメンだと思ってたのにブサイクだったw
そして、まりの歌が下手すぎた
戸松ちゃん(涙)あれは演出だよね

設定の矛盾は数えきれないけど、展開は楽しんでるよ。
リアルな成長モノとしての話は7話で区切りがついてるし
トンデモ展開によって別の次元の試練と成長がきたので飽きずに済んだ

ふと思いついたんだが、ひょっとしたら全部の黒幕は原塚さんかもしれんな

正義やトーチャーと同様に、現実世界にヒーロードラマのような出来事が起きて欲しいと思っていたので双方に技術を供与してお膳立てしてた、この一連の茶番のプロデューサー的ポジションみたいな感じで

これなら敵が何でお約束にこだわるのとか、素人に毛が生えた程度の正義に怪人が負けるとかいった数々の理不尽や戦闘員達が言ってた“ノルマ”にも説明つくんだよな(あくまでもリアルヒーロードラマの台本の一環だから)

フラメンコ倒すだけなら秘密基地入り口で吊り天井でも仕掛けて潰せばそれでおしまい
キングトーチャーの説明調といいフラメンコの合いの手といい
当人たちが楽しんで演じきってるのが多分重要なんだろう
多分メインテーマは正義とは何かってところだろうし

ともあれロケットーチャーってネーミングと
電波のミョミョミョ~ってってSEだけで充分笑えたので
深く考える必要は個人的にはない

G.K.Tシステムのパネルがそこらの工場の図解みたいな安っぽいデザインなのに笑った。
ゼブラーマンみたいに、ヒーローに憧れる市井の人(今のところ全員芸能人だけど)が
いつの間にか本物として戦う羽目になるパターンに見えてたんだが。

これは、それをスラップ・スティック風にやってるのかな。
だから謎技術の出所とかについて詳細に根拠が示されるってのは可能性的に薄そう。

>俺はもうこれが終わるまでこのアニメを評価しないことにした。
多分、これが正しい。どこに行き着くかは分からない。

>ノーマルな状態に戻りそうなのかな? それとも新たな展開が明らかになるんだろうか。
>俺は血なまぐさいアクションに興味はないんだが…クソッ。
>
>(スーダン・男性)

残念だがこのまま最後までいくみたいよ
11話でキングトーチャーに技術提供していた新ボスが出てきて正義が新キャラたちと戦隊を作って戦うんだってさ

なんかちょっとウイングマンぽいね

頭空っぽにしたら余計につまんなくなると思うけどな
これは特撮ヒーローのテンプレ、お約束に対するアンチテーゼだったり問題提起をしてたりするんだろう
そこは1話目から一貫していて、日常的なエピソードだけじゃ切り込めない部分があるからキングトーチャーのエピソードやったんだと思うけど
何も考えずに流し見してたら単なる特撮ものに対する出来の悪いパロディでしかない

キングトーチャーが出てくるまではまったり楽しんでたんだけど、
今は「どう展開するの?これ・・・・」って感じで気になってみてる感じ
楽しんで見てるのとはちょっと違うよなあ

ゴリラはドラッグが切れた事による予定外の殺人だったのかな?
それとも予定どおりだったのかな?

頭からっぽにして見る、何も考えずに見るっていう米を端的に捉えすぎじゃない?

細かな齟齬や矛盾に見えるところやステレオタイプな展開・表現を、あまり重箱つつかないで見るっていうことでしょ
ベタな特撮パロとして描かれてる部分とか、日常の延長にあるギャグとして描かれてる部分は
各々自分流に楽しめばいいと思うがな

ちなみに、前回の十徳ナイフ予想当たったw(関係者じゃないよ)

ゼブラーマンとウイングマンの中間みたいな。

うーん・・・
作品にリアリティを持たせるための努力を放棄しているとしか思えない。

クングトーチャーの思考がなんとなくワンパンマンのガロウに似ている気がする。

多分、この番組を特撮の文脈で見てしまうのは少しうかつなんじゃないかなと思っている。

あからさまな唐突展開を誤解覚悟で断行したのだから、単なる特撮パロなわけがなく、全ての疑問(世界を含め)を昇華するエンドが用意されていると信じたい。

現状で日常系リアルが許容するリアリティレベルを逸脱している事象が複数あるが、うまく纏めて日常に回帰するか(それだと夢落ちくらいしか方法を思いつかんw)、どういう方向かはともかく最後まで暴走のインフレーションを繰り返して、勢いをもって観ている側が参ったと言うしかないものにするのか、興味が尽きない。

とにかく、妙に気になる作品なのだ。

キックアスなのかと思ってたが
実はアンブレイカブルだということなのかもしれん

質問ですが、8話の感想で視聴を止めるという外国の方が多かったですが、やっぱり減ったままでしょうか?。

ここ二週間で切った人が1.5倍です。そう思うと多いのかなあという気はしますね。

切った切った言ってて、なんだかんだ言いつつ見てるよ、ほぼ全員。

今日の最新話みたけど、あまりにもひどすぎる
作画クオリティがひどく落ちてきているしシナリオも完全に破綻していると
しか思えないんだけど、一体どうしたらこんな企画通ってしまったんだろう

最初はキック・アス路線でシリアスで行くんだと思ったのだけど、なんか
脈絡もなく程度のわるい特撮ヒーローものになってしまったな

これ最初からこんなひどいプロット書いてアニメ化が通ったのかね

アンブレイカブルに一票。

一番最悪なのが、「きっとこんだけデタラメやるには何か訳があるはず」と思いながら見ていた視聴者が、
「結局なんもないのかよ!」となることだけど、その最悪の状況がかなり現実味をおびてきたな…

>「結局なんもないのかよ!」となることだけど、その最悪の状況がかなり現実味をおびてきたな…

まあ、勝手に期待している信者の方が、むしろ落差を感じてアンチに走るからな
最初から大したことないと許容範囲を持たないと駄目だな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583197/58760294

この記事へのトラックバック一覧です: 【サムライフラメンコ】第10話 海外の反応「ヒーローであることを諦めないで欲しい。」:

« 【蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-】第10話 海外の反応「俺はなんで泣いているんだ!?これは戦艦と潜水艦のアニメじゃないのか?」 | トップページ | 【革命機ヴァルヴレイヴ2nd】第22話 海外の反応「三期がなきゃポンコツ最終回になる。」 »

お知らせ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

翻訳中/翻訳予定のアニメ

  • ID-0
    ID-0 Blu-ray BOX 特装限定版
    ID-0 アクリルキーホルダー B

  • スレイヤーズTRY
    スレイヤーズTRY DVD-BOX 期間限定版
    劇場版&OVA スレイヤーズ デジタルリマスターBD‐BOX [Blu-ray]
    スレイヤーズ MEGUMIX

  • スポンサードリンク

おすすめ

  • エイミー 踊り子Style
    翠星のガルガンティア エイミー 踊り子Style 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

    フレイア・ヴィオン 水着
    ファニーナイツ マクロスΔ フレイア・ヴィオン 水着 1/4スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

    エクセレントモデルLIMITED
    アクティヴレイド Liko 完成品フィギュア

    エクセレントモデルLIMITED アクティヴレイド Liko 完成品フィギュア

    ルパン三世
    MASTER STARS PIECE FUJIKO MINE Ⅱ

    ルパン三世 MASTER STARS PIECE FUJIKO MINE Ⅱ

    ルパン三世 PARTIV 原画集
    ルパン三世 PARTIV 原画集

    銀河機攻隊マジェスティックプリンス
    GOLD FOUR <ケレス大戦仕様>

    銀河機攻隊マジェスティックプリンス GOLD FOUR <ケレス大戦仕様> 全高約240mm ノンスケール プラモデル

    ARIA The ORIGINATION Blu-ray BOX
    ARIA The ORIGINATION Blu-ray BOX

    魔法少女パラケル 2
    魔法少女パラケル 2 (マイクロマガジン☆コミックス)

    アルドノア・ゼロ
    アセイラム・ヴァース・アリューシア

    アルドノア・ゼロ アセイラム・ヴァース・アリューシア 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

    蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- メンタルモデル・コンゴウ
    ファニーナイツ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- コンゴウ 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品フィギュア

    蒼き鋼のアルペジオ
    メンタルモデル タカオ バニーstyle

    蒼き鋼のアルペジオ メンタルモデル タカオ バニーstyle 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

    劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-
    タカオ使用眼鏡フレーム TYPE-TAKAO

    劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-Cadenza タカオ使用眼鏡フレーム TYPE-TAKAO

    劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
    Blue Score

    蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Blue Score (ホビージャパンMOOK 730)

    SAMURAI7 Blu-ray BOX
    アニメ「SAMURAI7」Blu-ray BOX

    苺ましまろ Blu-ray Complete BOX
    苺ましまろ Blu-ray Complete BOX (初回限定生産)

    あずまんが大王 Blu-ray BOX
    あずまんが大王 Blu-ray BOX(初回限定版)
  • QRコード

    RSS
    アクセスランキング