お知らせ

翻訳中/翻訳予定のアニメ

  • PSYCHO-PASS サイコパス 3
    PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 [Blu-ray]
    PSYCHO-PASS (サイコパス) 携帯型心理診断鎮圧執行システム ドミネーター 1/1スケール
    PSYCHO-PASS サイコパス 公安局フーデッドウインドブレーカー ネイビー×イエロー サイズ:L
    劇場版「PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方に_」 PSYCHO-PASS×ラスカル コンパクトミラー 霜月美佳
  • スポンサーリンク

おすすめ

« 【ガッチャマン クラウズ】第3話 海外の反応「ゴキブリのはじめに爆笑したよ(笑)」 | トップページ | 【ガッチャマン クラウズ】第4話 海外の反応「丈は不死鳥だ…彼が死ぬことはない…たぶん。」 »

2013年8月 2日 (金)

【銀河機攻隊マジェスティックプリンス】第16話 海外の反応「アサギはいいパイロットだが、たぶん彼はそれに気が付かないだろう。」

テオーリア

もしかしてテオーリアが意外とかわいいかも?

新エンディングはなんだか昭和っぽさを感じました(笑)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第16話「君のヒーロー」の海外の反応です。

翻訳元:http://myanimelist.net/




いいエピソードだったと思う。パイロットであることの苦悩が至る所に見られた。

アサギ・トシカズ

再びテオーリアが見られてよかった。うん、デートもね。

ヒタチ・イズル、アサギ・トシカズ、テオーリア

ああ、そして手に汗握る展開に飢餓感が~

(男性)




ヒーローを手に入れたテオーリア。ケイを踏み台にしたな。
このエピソードに新たな展開がたくさん詰め込まれたのはよかった。
ただ、場面、場面では妙なカットがあったのは気になった。

イケメンのフリをしているイズルの真似をしていたタマキの声優のレンジの広さに驚いたよ。
彼女があんなに低い声が出せるなんて想像してなかった。

イリエ・タマキ イリエ・タマキ

(男性)



  -
  アサギは三番手!!><
  ケイはかなりハードな展開だね。パトリックなら彼女の痛みを共有できると思う。

  >クールなフリをしているイズルの真似をしていたタマキの声優のレンジの広さに驚いたよ。
  >彼女があんなに低い声が出せるなんて想像してなかった。

  あれには笑った!!!><

  (イギリス・男性)



    -
    俺も(笑)

    (アメリカ・男性)




このシリーズ最大の疑問はテオーリアとジアートの関係が何かということ…
だから次回予告を見て安心したよ。

テオーリア、ジアート、ズルはこのシリーズのキーだ。




もっとテオーリアを。デートの中断があまりにも早すぎる。
かわいそうなアサギ、彼のクオリティは幼女に最大限発揮されるんだ。

アサギ・トシカズ、アンナ

彼にはハグが必要だよ。

手作りケーキをおいしそうに食べてくれたらって言っていたときのケイはかわいかった

クギミヤ・ケイ

…それはたぶん致命傷だけど^^;

(アメリカ・男性)




素晴らしいエピソードだった。
ケイがアサギにイズルに付き添って行くよう頼んでいるところが大好きだ。
ケイがそう頼むのは相当に熱を上げてるんじゃないかって思うよ。
ケイのアンジュへの話しぶりから女と思って間違いないだろうね。

現在の状況としては、地球軍は十分なスキルを持つベテランパイロットがアッシュと同じくらい
効果的だとして新ユニットを生産し始めている。これは地球の反撃の伏線か?

次回はジアート、イズル、テオーリアの三角関係をもっと見られそうだ…

紫の男は死んでなかったし、MJPの学園を攻撃している…
紫の男は命令を無視してひそかに攻撃しようとしているんじゃないかな。
これはウルガルに犠牲が出るんじゃないか?
あるいはステレスの奴が紫を利用して学園を破壊しようとしているんじゃないだろうか。

(男性)




アサギは面白いし、彼を見られるのは嬉しいわ。

ヒタチ・イズル、アサギ・トシカズ、クギミヤ・ケイ、イリエ・タマキ、スルガ・アタル

彼がケイを好きなのは悲しいこと。彼の気持ちは報われないんだから。

(女性)



  -
  アサギはこのショーの大好きなキャラクターだ。

  彼が新しいエースパイロットに追いつけないと感じたとき、彼は感情を爆発させなかった。
  少し眉をひそめたが、落ち着いたままだった。

  職務から離れる選択肢があったとき、静かに問題について尋ね、欠点をリンと共有した。

  スズカゼ・リン(リンリン)、アサギ・トシカズ

  みんなが彼の部屋に集まるという事実は、おそらく彼が持つ暖かい「雰囲気」がそうさせるんだろう。
  彼がどうやって部屋をキチンと整頓しているのか見てくれ。

  そして彼はイズルとテオーリアが話しをしている間、なんと料理を手伝っていた。
  さらにイズルが手を火傷した際には湿ったお絞りを彼に放り投げた。

  アサギ・トシカズ

  彼はお兄ちゃんだ^^

  ケイが彼に "onegai" と言ったときの表情が好きなんだ^^

  アサギ・トシカズ、スルガ・アタル

  (男性)




クソッが、ディナーを遮りやがった。

(男性)




デートが長引くよりもっと積極的なケイが見られたらいいと思う!!(笑)

(アメリカ・男性)




ウイングマン・アサギ!?(笑)

(カナダ・男性)

MANGA REALIZATION ウイングマン -ANIMATION Ver.-
バンダイ (2009-11-28)
売り上げランキング: 14,270



この流れは嫌いだ。
畜生、イズル、目を覚ましてケイを見ろよ。
いずれにしても適切なエピソードではあった。
それとタマキの声優のモノマネ(笑)

(イタリア・男性)



  -
  なぜ彼の目はテオーリアに向いたのか。

  いつアサギがケイを好きって示された?
  自分のスキルによって全編を通して落ち込んでいた彼。
  それにイズルとアンジュに劣っていると見られたこと(ケイは無関係)。

  (インド)



    -
    以前のエピソードで示唆されてたよ。
    白髪の少女は危険だ。
    ケイのような女神と一緒になるのがいい。

    (イタリア・男性)




アサギの苦悩を示す素晴らしいエピソードだった。

アサギ・トシカズ

彼はいいパイロットだが、たぶん彼はそれに気が付かないだろう。
しかし、チームは彼に依存している(結局みんなが彼の部屋に集まる)。
かなり順調に行けば、ここ数話のうちに彼はパワーアップするはずだ。

しかし、なんで誰もこれに気が付かないんだ………………………

赤い彗星 シャア専用お好み焼き

MJPはガンダムとスーパーロボット大戦からいくつか引用している。

(男性)



  -
  すげーまったく気が付かなかったよ。

  (イタリア・男性)



    -
    新エンディングがMJPのシンボルを使ったガンダムのように見えたのには気が付いたけど、
    俺もそこには気が付かなかったよ。




オーマイガー、アサギ 落ち込むな。

畜生、デートが中断された。

ワオ、新エンディング。今度はMJPの男三人組か。

(男性)




アサギは来るべきエピソードで予定調和な覚醒のフラグが立っている。

アサギ・トシカズ

(男性)




コメント少ないです。

言われてみれば確かにアサギ回なんですかね。アサギの覚醒はあるんでしょうか。
赤い彗星は気が付かなかったです…なんとなく見てました。

それではまた。

« 【ガッチャマン クラウズ】第3話 海外の反応「ゴキブリのはじめに爆笑したよ(笑)」 | トップページ | 【ガッチャマン クラウズ】第4話 海外の反応「丈は不死鳥だ…彼が死ぬことはない…たぶん。」 »

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」カテゴリの記事

コメント

おお、マジェプリの海外の反応扱ってるページをやっと見つけた。
面白かったです。

アサギの人気が上昇中。

コメ少ないねえ 
「普通に良い」ではなかなか2クール盛り上がれない時代だ

売り上げや視聴率が、制作陣やこれからのアニメ業界にとって
どれだけ重要かはわかってる。
でも、まず自分がこの作品を毎回楽しんでいる事実が
自分にとってはいちばん大事だ。
大勢で盛り上がれないのは少しザンネンだけどね。

子ども達がみんな確実に変化しているのが、観ててわかる。
本当に先が楽しみ。

普通に面白いし外国の反応見るのも楽しいから見に来るけど
おかしなところを突くと、途端に攻撃されるから眺めてるだけが
良い感じ。
人気が無いと思って管理人さんのやる気無くなると困るから
米書いてみた。 海外の人もそんな感じ?で米は無くとも
見ている人はそれなりにいると思う・・・思いたい。

面白いんだけど1話があんまりだったからね…
ニコニコ動画とかの配信ではそれなりの人数視聴してるようだし
※1の人のような熱心な人もいるし、ただ知名度が低いだけで評価が低いわけじゃないと思う
少なくとも私は楽しんでるよ、ここの記事見るの含めてね

鈴木まりや「あなたに褒められたくて」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ガッチャマン クラウズ】第3話 海外の反応「ゴキブリのはじめに爆笑したよ(笑)」 | トップページ | 【ガッチャマン クラウズ】第4話 海外の反応「丈は不死鳥だ…彼が死ぬことはない…たぶん。」 »

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31